葬式について

現代人にとってのお葬式の意味合い

お葬式は遺された人々が悲しみなどを含めいろいろな感情を共有しあうことも役割のひとつです。
昨今では宗教的な儀式よりも参列者が故人とお別れをするための告別式のウエイトが大きくなってきています。
故人の霊を弔うという儀式だと考えている人は3割以下ですが、およそ7割に近い人が、葬儀を故人とお別れする儀式だと考えており、圧倒的大多数を占めているというのが実情です。
社会的な儀式から故人とお別れすることがお葬式の大きな意義になってきたことにより、慣習やしきたりに必ずしもこだわらなくてもいいと考える人が増えてきています。
むしろ故人らしいお別れの形式を考えたいという要望は強く、オリジナル葬なども多くなっています。
中には、生前葬を行いたいという人もいて、亡くなってからでは集まってくれた人に感謝の気持ちを伝えられないからという考えで、生前に自分で自分のお葬式をプロデュースして執り行う人も多いです。
このように社会や時代の変化とともにその意味合いも多様化しているというのが現状です。

火葬のみで済ませる直葬が都市部を中心に増えています

一般葬や家族葬など葬式のスタイルが多様化している現在、都市部では孤独死の数も増えており火葬のみで済ませる直葬が多くなりました。
通夜や告別式を全く行わないため費用も20万円程度で済みますので、興味がある方はインターネットで直葬の基本的な情報だけでもチェックしておくことをオススメします。
せめて告別式くらいは行いたいと考えている方は、一日葬プランも登場していますので、直葬プランと比較した上でどちらか希望する方を選択してください。
今後更に孤独死の数は都市部で増えることが予想されますが、看取ってくれる家族が誰もいない場合には、何かあった時に全て任せるためにも依頼する葬儀会社は決めておくのが最適です。
各葬儀会社のホームページがインターネット上に開設されており、提供しているプランの詳細などが掲載されていますので、色々な葬儀会社のホームページを暇な時間にチェックして、その中から安心して任せられる葬儀会社を見つけてください。

更新ページ一覧

メインメニュー

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.