お葬式の際には生前の面影がみえるように

お葬式に関わる人というのは多くいますが、納棺師という職業があります。
納棺師は遺体を棺におさめるだけでなく、遺体に死装束を着せ、ひげを剃ったり、化粧をしたりして遺体をキレイにしてくれます。
葬儀社が納棺専門業者の納棺師を依頼してくれる場合もあれば、葬儀社のベテランスタッフが納棺を担当することもあります、また、遺体を沐浴させる湯かんに関しても、近年では病院で清拭されていることがほとんどです。
そのため、そもそも湯かんをしないという家族が多いですが、闘病生活が長かった場合、遺族が希望することもあり、その場合は、およそ10万円前後の費用で行ってくれます。
どうせ火葬するのだからと考える人もいるかもしれませんが、お葬式をするにあたり遺体をキレイにする作業は遺族が死を受容するための大切なプロセスです。
また、生前の面影を残した最期の安らかな顔は故人に花を添えたり、お別れする際にも遺族の悲しみを和らげることにつながります。

オリジナルデザインのスマホケースを作るならME-Q

ヨツバ印刷
スマホケースなどの様々な雑貨にお客様の好みのオリジナルデザインを印刷し、世界に1つしかない商品を製作します。

大阪にある短期間で防音工事ができる会社
スピード工事ならワイ・エスシープランニングにご相談ください

互助会に入っておくと葬式を行う際に役立ちます

一部の葬儀会社では葬式にかかる費用を軽減するために互助会の入会を勧めています。
毎月一定額を支払っておくと葬式の際に負担が軽減されるメリットがありますので、事前に互助会の詳細をしっかり確認した上で入会するかどうかを決めてください。
特に大きな差になるのが式場内の祭壇料や祭壇に供えるためのお花代です。
互助会に入会しない場合だと祭壇料とお花代だけで50万円以上請求されるケースも多いですが、互助会に入会しておくと祭壇料がほぼ無料になる特典なども提供されていますので、トータルの費用が大幅に減額できます。
家族葬だとそれほど祭壇も大きくないので入会しない方でも負担は少ないですが、一般葬だと互助会に入会していない場合150万円位の費用が必要になる可能性が高いです。
実際にどれくらいお得になるかは各葬儀会社によっても異なりますので、事前にスタッフとよく話し合った上で必要かどうかを検討して、判断することをオススメします。

お葬式の役割も時代とともに変化する

お葬式には遺体の処理や霊魂の処理に加えて社会への告知や遺された人たちの感情の共有という大きな役割があ

現代人にとってのお葬式の意味合い

お葬式は遺された人々が悲しみなどを含めいろいろな感情を共有しあうことも役割のひとつです。
昨今

更新ページ一覧

メインメニュー

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.