葬式について

お葬式の役割も時代とともに変化する

お葬式には遺体の処理や霊魂の処理に加えて社会への告知や遺された人たちの感情の共有という大きな役割があります。
かつてのお葬式は故人の後継者を地域にお披露目する儀式でもありました。
故人の妻が存命でも長男が葬儀の喪主を務めるのが習慣でした。
当時は喪主イコール後継者で考えられていたからです。
しかし、最近では故人が男性の場合、息子がいるかどうかに関わらず、故人の妻が喪主をすることが一般的になっています。
それは、地域共同体のつながりが薄れていく中、3世代同居の世帯が減少してきたことや、サラリーマンが増え、親や家の仕事を引き継ぐケースが減ってきたことから、お葬式や後継者のお披露目の場ではなくなってきたことが背景にあります。
つまり、葬儀が社会的儀式ではなくなっていき、極めてプライベートな儀式に変わってきたということです。
その意味では、ごくごく普通の一般家庭では社会への告知という、本来の葬儀の役割のひとつが薄れつつあります。

様々なプランの中から希望するものを選択してください

一般葬がほとんどだった昔とは違い、家族葬や直葬、一日葬や自然葬など葬式のプランも年々多様化している傾向にあります。
様々なプランの中からどれを選択するかは自由なので、それぞれの特徴をしっかりとチェックした上で希望するプランを選択してください。
実際に葬式を行った方の口コミ情報もインターネット上に多数掲載されていますので、参考のために目を通しておくことをオススメします。
結婚式と違い早くから準備を行うことが少ないですが、何も準備せずに亡くなってしまうと残された家族の負担になってしまいますので、最低限どこの葬儀会社に依頼するか、希望のプランはどれにするかは決めておくといざという時も安心です。
葬儀会社のスタッフも困った時に相談に乗ってくれますので、一人で悩まずに遠慮なく頼ってください。
また生前見積もりや会場の見学会など無料で提供されているサービスも沢山ありますので、上手く活用して納得できる最期を迎えてください。

更新ページ一覧

メインメニュー

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.