葬式について

家族中心の小さなお葬式の増加に伴い

最近では参列者の少ない規模のお葬式が増えています。
バブル景気の時代には一般的な葬儀でも参列者が優に100人を超えており、そのほとんどは仕事の関係者などで、故人とは直接面識がない人がほとんどでした。
その結果、お葬式が慣習やしきたりに従った社会的儀式にならざるを得なかった側面がありました。
加えて遺族は仕事関係など義理で参列する人の対応に忙しく故人とゆっくりお別れをする時間のゆとりがなかったという経験をした人も多いです。
この経験から身内と親しい人だけでお葬式をしたり、家族だけでしてほしいなど、家族中心としたお葬式を希望する人がおよそ7割にのぼるようになりました。
こうなると、いつの時点で、誰に死の事実を知らせるのかというタイミングがとても重要になってきます。
亡くなってすぐに関係各種に訃報の連絡をすれば家族葬を計画していたのに、大勢の参列者が集まってしまうという想定外のことになる可能性もあるので、事前にリストを作っておくことが大事です。

葬式の費用を生前見積もりでチェックしましょう

一般葬や家族葬などの葬式を行う場合、実際にどれくらいの費用がかかるのか生前見積もりを依頼してチェックするのが最適です。
生前見積もりのサービスは各葬儀会社で無料で提供していますので、複数の葬儀会社に依頼して安くてサービスが充実している所を選びましょう。
インターネット上にも各葬儀会社のホームページが開設されていますので、暇な時間を利用してホームページをチェックすることをオススメします。
普段中々葬儀の事を考える機会は少ないですが、何も準備せずに亡くなってしまうと残された家族が困ることになります。
最低限お世話になる葬儀会社と希望のプランだけは決めておくといざという時に安心なので、じっくりと検討した上で選択してください。
生前見積もりのサービスだけでなく実際に葬式で利用する式場の見学会も無料で行われていますので、会社が休みの日などを利用して直接足を運んで見るのがベストです。
納得できる最期を迎えるためにも準備はしっかり行ってください。

更新ページ一覧

メインメニュー

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.